ダヴィンチ速報

風変わりな何でも記事ブログ!・最新で月間10000PV・扱われたテーマは多数! 就活 観光 語学 副業 学術 理系 軍事 時事 廃墟 旅行 アプリ など!・ツイッターアカウントはこちらから!→https://twitter.com/lmdmnos583/status/1035249051132805120

【サバゲー】千葉県 Easy Company

今回はサバゲーについての記事です。

参加したのは8/19なのでもう一ヶ月も経ちますが笑

書いていなかったので記事にします。

 

1.フィールド概要

2.装備

3.アクセス

4.ゲームの様子

 

1.フィールド概要

今回は千葉県柏市にある、「Easy Company」(サバイバルゲームフィールドEasy Company)というフィールドで行いました。

 

屋外にある、凹凸の激しいジャングルみたいなフィールドで6000坪もある広大なフィールドでした。1坪3.306平方メートルですので19836平方メートル、すなわち200m×100mほどの大きさがあります。

f:id:SHGG:20180915144906j:image

 

 

生い茂る木々やブッシュの他、バリケードも多数存在し木のベニヤ板や機関銃台のような小屋、2階建のやぐら、塹壕に高低差4-5mの谷間などもあります。

しかもバリケードの隙間から打つ隙間うちが認められています。索敵や狙撃が隙間からできるのはいいですね。

 

使用するBB弾は2.5mm以下ならば問題ないようです。弾速チェックがあります。

 

サバゲー定例会の参加費は昼飯を含めると土日は3500円。比較的良心的です。

レンタルはフルセットで通常4000円ですが今回はセールみたいで2500円でした。

定例会参加には事前にホームページから予約が必要です。

 

今回は思ったより柏市まで時間がかかってしまい15分ほど遅れました。にも関わらず、初心者でなければレギュレーション説明はA4紙1枚に目を通すだけでよかったのでなかなか寛大な運営です。

 

以前池袋の室内サバゲーフィールド・Asobibaに行った時はレギュレーション説明がかなりしつこかったです。必ず30分間の説明を受けなければならず遅れた場合は参加が難しくなる可能性があるなどやや厳しめです。

初心者が多い故の対応、なのでしょうか。たしかにレギュレーション説明は重要なのは分かっていますが、あまり長いのも退屈してしまいます。

とはいえ、私自身何度かサバゲーをやっているにも関わらず初心者並みの実力でしかありませんが。。

 

f:id:SHGG:20180915141554j:image

セーフティゾーンから撮影したフィールドのジャングルです。蝉の鳴き声もなかなかでしたが、夕方になるとひぐらしの鳴き声が超うるさいくさいでした。フィールド内では虫がたくさん!特に女郎蜘蛛とその巣は多かったです。


f:id:SHGG:20180915141600j:image

セーフティゾーンのテント


f:id:SHGG:20180915141557j:image

セーフティゾーン待機所


f:id:SHGG:20180915141603j:image

同待機所

 

フィールド内も撮影したいところですが、残念ながらフィールド内は危険であるため撮影はしませんでした。

 

2.装備

持参した装備は

・AK47HC

f:id:SHGG:20180915155717j:image

 

・防弾マスク

・ギリースーツ

・Glock18C+増量50発マガジン

f:id:SHGG:20180915155842j:image

・BB弾、ガス

・2L天然水、タオル

です。夏なので2Lくらいの水分は必携です。

 

3.アクセス

今回は友人のY君とN君の3人で行かせていただきました。都内某所から千葉県柏市への移動は結構時間がかかりましたね。

レンタカーで2時間くらいでしょうか。そこそこ交通費が高くつきました。。。

 

アクセスは柏市郊外の高柳駅から徒歩30分ほど。重い装備で歩いていくのは困難ですので車がオススメです。

 

4.ゲームの様子

レギュレーション用紙を読み終え、弾速をcheck、弾の装填や射撃練習をしていよいよゲームに参加しました。

今回のゲームは午前10時から午後4時までの6時間。昼休憩1時間弱。あっという間でした。

 

まずは通常のフラッグ戦。

フィールドの対角線上に2チームが配置され、相手陣地のフラッグを取れば勝ちです。

たまたま現地で知り合った方がチームに入ってくれたので4人で行動しました。

その方、なかなかの熟練者でしたのでその方が主導することになったのですが...

速い!

始まった瞬間凄い勢いでダッシュして一気に100mほど前方の塹壕に入りこみました。凹凸の激しいジャングルのようなフィールドでとても快活にダッシュはできず、全然追いつけませんでした笑

熟練者スゲー

 

次からはその方も配慮してくれ、とても優しい方でした。我々初心者同然の3人はすぐやられるか、隠れてしぶとく生きてるか、のケースが多かったです。。

 

ギリースーツを着ているにも関わらずすぐに見つかってヒットされるとは...

やはりサバゲーで難しいのは「索敵」です。

最近、荒野行動というバトルロワイヤルアプリもやったのですがいわゆるスマホでやれるFPSで、こちらも索敵が重要です。

 

敵を発見できないと、気づかないうちに敗北することになります。今回は撃ち合いに持ち込むまでは何度か行けるようになりましたが、キルには至らないことが多く逆にやられます笑

 

せっかく発見した敵を撃ち漏らすのは残念ですが、なぜかこっちが撃つ弾はあたりません。今回のキル数はたった2人笑

 

ただ、キル数を増やすのはやはり難しいみたいですね。今回のフィールドは熟練者も多そうでした。昔に比べれば健闘した方です。

 

それに、大きな問題もありまして。

ゲームの前半はAK47HCを使ってたのですがバッテリーをあまり充電してなかったせいか、すぐに発射できなくなり友人のM4を借りていました。

友人もM4使いたくなったので止むを得ず私はハンドガンのグロックで戦ったのですが、ハンドガンはやっぱりきついです笑

充電してたはずなんだけどなー(後に、壊れていたことが判明します)

 

フラッグ戦以外ではフィールドにある谷底で2vs2で戦う決闘ゲームみたいなのもありました。

谷底で100mほど離れてスタートし、谷底に多数配置されているバリケードを潜りながら2vs2で戦うって感じです。これはこれで盛り上がりましたね。勝負はものの30秒くらいで決まります。いかに早く敵を見つけ確実に仕留めるか、これにつきます。

この勝負の場合短期決戦ですので隠れていても意味ないですが相手側のスピードと攻撃に結構ビビります。

 

他にも攻防戦なんてのもありまして。Aチームは何度でも復活できて攻撃して、Bチームはフラッグを取られないように防衛する。今度は攻守交代してフラッグが取られるまでの時間を競うって感じです。

 

あとはひたすらフラッグ戦だったので結構オーソドックスな感じでしたがフィールド自体が広大で濃厚なので充実したサバゲーでした。

 

5.まとめ

6000坪の超広大なフィールドでやりごたえ十分でした。塹壕や櫓など面白い構造物が多くかなり楽しめます。ジャングルってのも戦争している気分になんかなりますね。

 

プレーヤー層は初心者は少なめで、結構強かったと思います。場所が場所だけに常連さんのような方なども多かったのでしょう。

主導してくれた熟練者の方のおかげで索敵などはわりとうまくいきましたが、私の弾は当たりません。。。この方は途中で用事があるそうで帰られました。

 

それと匍匐前進で這い回ったせいか、虫刺されが結構ひどかったです。10箇所くらい刺されてました。ただ、毛虫に刺されたようなひどい腫れはなかったのは幸いです。1週間くらいで全て完治しました。

それと、やたらと私はギリースーツで見つかりにくいからと思って匍匐前進しまくるんですが、荒野行動をやって分かったのは意外とギリースーツでも動いてると分かっちゃいます。

匍匐前進で動き回るのは危険ですね。動かないならよし、射撃したら位置がバレるので急いで動くべし、とは思いました。

 

それと、AK47HCは故障していたみたいで家に帰って充電し直してもウンともスンとも言いません。別の予備バッテリーで試してもダメなのでバッテリーが壊れてるってことはないかと。

ちょっと内部を調べてヒューズが切れてないかも調べたんですが大丈夫でした。つまり、原因不明。

こりゃもうダメかもわからんね。

東京マルイの修理費用は年々増しているらしく1万円以上は絶対かかりそう。出費を警戒してまだ壊れたままですが。

そろそろ直さないとなぁって感じで頭を抱えています。。

f:id:SHGG:20180915151749j:image

f:id:SHGG:20180915151707j:image